MagSafeバッテリーパックはiPhone12 miniと相性抜群!ミニマムな生活にぴったり

こんにちは!iPhone12miniを2021年1月に購入し、バッテリーの減りが気になっていたふっちゃんです。

友人と何気なく、私のiPhone12 miniのバッテリーの減りが早い気がする、1日中使ったらバッテリーがギリギリで心許ない…という話をしていました。

先日誕生日にiPhone12シリーズで使えるMagSafeバッテリーパックをプレゼントしていただきました。

個人的にはバッテリー残量の心配がなくなったことはもちろん、コードを使わないワイヤレス充電ができることでスマートな生活に憧れている自分にはドンピシャでした!(マットなデザインも好みです♡)

今回は、MagSafeバッテリーがどんなものなのか、どんな人なら買って満足できるのか、メリットとデメリット、口コミなどしっかり紹介していきます!

目次

MagSafeバッテリーパックってどんなもの?

先にMagSafeバッテリーパックの基本的な情報を紹介します。

充電方法は?

MagSafeバッテリーパックはiPhoneと磁力でピタッと装着してコード類を一切使用せず充電ができます。

外出時はiPhoneとMagSafeバッテリーパックを持てば、バッテリーを気にせず過ごすことができますよ!

どれくらい充電できるの?

Apple公式サイトによるとiPhone12miniのバッテリー駆動時間を最大70%延長させる効果があります。

Twitterで実験した方は65%復活したとツイートしています。

つまりMagSafeバッテリーを持っていれば、iPhone12miniのバッテリーが約1.7倍になる!とういう感覚です。

大容量のモバイルバッテリーを使っている方からすると少ない?と感じるかもしれません。

しかし普段モバイルバッテリーを持ち歩いていない方にとっては、MagSafeバッテリーはiPhone12miniにくっつきますのでほぼ荷物が増えた実感なく充電することができてコンパクトで便利だなと感じると思います。

サイズは?重さは?

iPhone12miniに取り付けたときのサイズ感は、横幅はぴったり、厚みは同じかちょっと厚いくらいでしょうか。

Apple公式サイトには記載がなかったのでTwitterで計測した方の投稿によると

横幅64.2mm、縦95.7mm、厚み11.2mm、重量114.0g

Twitter ぱぱのひとりごと

iPhone12miniにくっつけると幅がと下面がぴったりでフィットします。重さは少々感じますが女性の私でも長時間でなければ片手で操作ができるくらいの重さです。

ケースをつけていても充電できる?

ケースをつけていても充電ができます。

私は普段TPU素材のiPhoneケースをつけており、その上からMagSafeバッテリーパックをくっつけて充電しています。

私の体感ですがケースをつけていても外れにくさはほぼ変わらないです。カバンの中で外れていて充電できていなかったことは一度もありません。

MagSafeバッテリーパックはパックはこんな人におすすめ

iPhone12miniユーザー

横幅と下面がぴったりなので持ったときに違和感を感じることがありませんでした。

MagSafeバッテリーパックは少々重く感じるので、本体が軽い iPhone12mini であれば使い勝手はほぼ変わらないです。

バッテリーが少ないと感じている方

MagSafeバッテリーパックを持っていれば、iPhone12miniのバッテリーが約1.7倍になるので、単純にバッテリーが増えた感覚です。

iPhoneとMagSafeバッテリーパック共にフル充電であれば丸一日の外出もバッテリー残量を気にせず過ごすことができました。

充電コードを増やしたくない方

MagSafeバッテリーパックは充電の際コードが不要です。荷物を減らせるので持ち物を少なくしたい私にとってはお気に入りポイントです!

マットで高級感のある素材が好みな方

MagSafeバッテリーパックのデザインはとてもシンプルで、質感はマットでさらさらしています

この質感が好きな方もいらっしゃるのではないでしょうか。高級感があるので着けているだけでテンションが上がります。

こんな人には合わないかも…

  • 大容量のバッテリーが欲しい
  • iPhone、Airpots以外も充電に使いたい
  • 安価なモバイルバッテリーを探している

MagSafeバッテリーパックのメリット

バッテリーが本体にくっつき充電しながら片手で楽々操作ができる

バッテリーが本体にくっつき充電しながら片手で楽々操作することができるところがとても良いです。

特に通勤中ですが、コードが邪魔になることはないし、重くて操作できなくて不満に思うことはなかったです。

iPhoneとMagSafeバッテリーパックが同時に充電ができてスマート

1つのlitningケーブルでiPhoneとMagSafeバッテリーパックが同時に充電することができます。

おうちの配線をすっきりさせたい方にはうれしいポイントです!

バッテリー残量がiPhoneから見られて便利

iPhoneのウィジェットでバッテリー残量を確認できます。

(MagSafeバッテリーパックのバッテリー残量は左から2番目のアイコン(画像参照))

片手で持ったときに安定感がある

MagSafeバッテリーパックをつけることでiPhone12miniに厚みが出るからか、片手で持ったときは意外と安定感があります。

画像で伝わりにくいかもしれませんが、特に小指にちょうどよくひっかかって持ちやすいです笑

MagSafeバッテリーパックのデメリット

充電容量が少ないのでほぼ毎日充電が必要

MagSafeバッテリーパックはバッテリー容量が少ないので、丸1日使った日は充電が必須です。

ですがiPhone12miniと同時に充電ができるので習慣にしてしまえばデメリットというほどマイナスにはならないかもしれません。

充電速度は早くない

MagSafeバッテリーパックでの充電速度は遅い気がします。

例えばiPhoneの充電が50%だとなかなか100%になりません。使いながらだと特に溜まっていきません…

しかしiPhoneがフル充電のときから常に付けておけば90%前後を維持してくれるのでとても安心感があります。ですので、MagSafeバッテリーパックは”常に付けておく”か”非常時のお守り”という使い方であればとてもいいと思います。

Twitterの口コミ

MagSafeバッテリーパックは賛否両論ありますが、購入者からは「デザインが好き」、「バッテリーとコードでかさばらなくなったのが良い」、「持ちやすくなった」などの声がありました。

私は全部共感できるのですが特に「持ちやすくなった」に関しては本当にそう!と思わず声をあげてしまいました笑

MagSafeバッテリーパックをつけることで重たくなったところ、ちょうどよく小指に引っかかって持ちやすいと感じていたのは自分だけでは無かったのだとうれしくなりました。いや~本当に持ちやすいです。

一週間使ってみた感想

MagSafeバッテリーパックはワイヤレス充電なので、コードを持ち歩かなくていいことがとても身軽でいいなと思いました。

MagSafeバッテリーパックを使う前はiPhone12miniのバッテリーの減りを心配することがありましたが、iPhoneとMagSafeバッテリーパック共にフル充電であれば丸一日の外出もバッテリー残量を気にせず過ごすことができました。

どこで買える?

MagSafeバッテリーパックは大手通販サイトや家電量販店で購入することができます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる