【Windows10】win+Shift+Sであっという間にスクリーンショットを撮る方法を詳しく解説

作業中のパソコン

スクリーンショットの撮り方って色々紹介されていますよね。

私は一度できても覚えられなくて、次にやろうとしたらまたやり方を調べるところから…みたいなループに陥っていました。

しかし、この負の断ち切ってくれた方法があります。

シンプルで覚えやすくてとにかく早い!

会社員の私が、毎日仕事で使っているスクリーンショットの撮り方を紹介します!

目次

これを読むと分かること

  • スクリーンショットの撮り方
  • もう忘れない 撮り方の覚え方

スクリーンショットの撮り方

流れはWindows10の切り取り&スケッチを起動して、範囲を指定して画像を確定させます。

Windowsキー +Shiftキー +Sキー

Windowsキー +Shiftキー +Sキーを同時に押してみましょう。少し長めに画面が薄暗くなるまで押してください。

切り取り&スケッチが起動し、画面が薄暗くなった

これで切り取り&スケッチが起動しました。

次はスクリーンショットを撮る範囲を選択します。

全画面をスクリーンショット

ここで、右から2番目の四角のマークをクリックすると全画面がコピーされた状態になります。

選択範囲をスクリーンショット

マウスをドラッグして範囲選択ができます。

マウスを離した後はすぐにコピーがとられるので、一度選択したあとは調整ができません。慎重にやりましょう。

マウスで範囲選択をした画面

失敗したなと思ったらWindowsキー +Siftキー +Sキーの同時押しからやってみてください。

貼り付け

もうすぐに、Ctrlキー +Vキーの同時押しでどこにでも貼り付けられます。

名前をつけて画像として保存する必要はありません。

例えば、LINEなどのチャットツール、メールに添付、Googleドキュメントやスライド、スプレッドシートに挿入、ペイントなど基本的には貼り付けられます。

Googleスライドにスクリーンショットを貼り付けた画面

※貼り付けられないものもあるかも知れません。その場合は画像として保存しましょう。やり方は以下に続けます。

Q.スクリーンショットに書き込みをしてから貼り付けたい

スクショ直後に表示されるポップをクリックします。

ポップが消えてしまった場合は、Windowsキー +Aキーを同時に押してクリップボードから先程撮ったスクショをクリックして選択します。

切り取り&スケッチのポップが出ている画面

ここで3種類のペンや物差しを使って書き込みます。

切り取り&スケッチの作業画面

凝った装飾はしずらいですが、こんなのができます。

赤ペンと黄色のマーカーを使ってみました。

最後に右上のコピーを押すと、書き込みされたスクリーンショットがコピーされた状態になっています。

書き込み終わったら貼り付けたいところにCtrlキー +Vキーで貼り付けしましょう。

Q.画像として保存したい

スクショ直後に表示されるポップをクリックします。

ポップが消えてしまった場合は、Windowsキー +Aキーを同時に押してクリップボードから先程撮ったスクショをクリックして選択します。

切り取り&スケッチのポップが出ている画面

開いたタブ(切り取り&スケッチ)の右上にある「名前を付けて保存」をクリックします。

右上に名前を付けて保存

保存先のフォルダと画像の名前を指定して保存が完了です。

Q.Windowsキー +Siftキー +Sキー の忘れない覚え方はある?

配置で覚える

パソコンのキーバードの画像

3つのキーはキーボードの左下に三角形を成すように集まっています。

その他のキーを押すことはないので、まずはキーボードの左下に目を向けましょう。

語呂で覚える

SiftもSも「スクリーンショットの頭文字」だと捉えましょう。

最初は次のように思い出しながらでいいと思います。

「えっと…Windowsと…スクリーンショットだから…S(SiftキーとSキー)!」

まとめ

いかがでしたか?スクリーンショットは撮れましたか?

忘れがちなスクリーンショットの撮り方を覚え方も含めて紹介してみました。

私はこのやり方を知ってからスクショに費やす時間が格段に短縮され業務効率がUPしました。

皆さんもぜひ取り入れてみてくださいね

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる