Apple Watchの秒針を長く表示する方法

Apple Watch series6、 series5の方は、文字盤の常時表示が可能ですが、アクティブ状態から常時表示モードになった途端に秒針が消えてしまいます。

WatchOS7.5の現時点では、秒針を常に表示する手段はありません。

しかし、常時表示に移行するまでの時間をデフォルトの15秒から70秒に設定することで、秒針の表示時間を伸ばすことができます。

今回はそのやり方を実際の画面を見せながら紹介します!

目次

Apple Watchの秒針を長く表示する方法

1.Apple Watch で設定 App を開きます。

Digital Crown を押してホーム画面を表示し、設定アイコン  をタップしてください。

2.「一般」>「画面をスリープ解除」をタップします。

3.「70秒間スリープ解除」をタップします。

これでアクティブ状態から、常時表示モードに移行する時間が70秒に伸びました。

いつもより長く秒針が消えることなく確認することができます。

Digital Crownを押して、文字盤に戻って試してみてくださいね。

まとめ

Apple Watchの秒針を長く表示する方法は以下の通りです。

  1. Apple Watch で設定 App を開く
  2. 「一般」>「画面をスリープ解除」をタップ
  3. 「70秒間スリープ解除」をタップ

これで少しはApple Watchが使いやすくなるはずです。

この設定にしつつ、常に表示できるモードが実装されるのを待ちましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる