【初心者向け】Apple Watchのソフトウェア・アップデート手順をやさしく解説!

Apple WatchにもiPhoneと同様に随時、最新のソフトウェア・アップデートが配信されます。

ソフトウェア・アップデートを行うことで、最新の機能が使えるようになったり、セキュリティレベルがアップするなど内容は様々ですが、常に最新のバージョンにしておきましょう!

今回はApple Watchのソフトウェア・アップデート手順を実際の画面を用いて解説しますので、真似するだけでアップデートが完了します!

ではやっていきましょう!

目次

Apple Watchのソフトウェア・アップデート手順

1.Apple Watchを充電器に繋ぎ、充電を50%以上にします

2.Wi-Fi環境でiPhoneの「Watch」アプリを起動します

3.「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップします

4.少し下へスクロールし、「インストール」をタップします

(Apple Watchの画面にはリンゴマークが表示されます)

iPhoneの「Watch」アプリで「最新の状態になりました」のメッセージが表示されれば完了です。

Apple Watchにもアップデート完了通知がきます。

まとめ

Apple Watchのソフトウェア・アップデート手順は以下の通りです。

  1. Apple Watchを充電器に繋ぎ、充電を50%以上にする
  2. Wi-Fi環境でiPhoneの「Watch」アプリを起動する
  3. 「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順にタップする
  4. 少し下へスクロールし、「インストール」をタップする

iPhoneの「Watch」アプリで「最新の状態になりました」のメッセージが表示されれば完了

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる