iOSアップデートしたのにマスクを着けたままiPhoneの顔認証ができないときに確認する6つのこと

iOS 14.5、WatchOS 7.4の配信が開始され、Apple Watchがあれば、マスクをしたままiPhoneのロック解除ができるようになりました!アップデート手順が意外と難しかったので、つまずきそうなポイント6つとその対応をまとめました。

目次

マスクを着けたままiPhoneの顔認証ができないときの6つのチェック項目

  1. Apple Watchを持っていない
  2. iOSのアップデートが不完全
  3. WatchOSをアップデートしていない
  4. Apple Watchでロック解除を有効にしていない
  5. Apple Watchのロックがかかっている
  6. おやすみモード、睡眠モードになっている

1から順番にチェックしていきましょう。

1.Apple Watchを持っていない

マスクを着けたままiPhoneの顔認証をするには、Apple Watchが必要です

マスクをしていてもFace IDで顔認証ができるのは便利ですし、それ以外にも生活がスマートになるので、これを機にまずはいろいろ見てみるといいですね。

2.iOSのアップデートが不完全

iOSが14.5になっているか、もう一度確認しましょう。

やり方は、iPhoneの「設定」アプリ >「一般」>「ソフトウェア・アップデート」で確認できます。

iOS14.5 iOSは最新です」と出ていればOKです。

もし、「ダウンロードしてインストール」、「今すぐインストール」のボタンがあればタップしてダウンロードしましょう。

3.WatchOSをアップデートしていない

iPhoneのiOSアップデートだけではマスクを着けたままiPhoneのロックを解除ができません。

WatchOSもアップデートしましょう

やり方は、iPhoneの「Watch」アプリ >「一般」>「ソフトウェア・アップデート」>「Apple Watchへのダウンロードを再開…」をタップしてダウンロードしましょう。

4.「Apple Watchでロック解除」を有効にしていない

iOS、WatchOSがどちらも最新にアップデートができたら、「Apple Watchでロック解除」を有効にしましょう

やり方は、①Apple Watchを腕につけてロック解除します

その後、②iPhoneの「設定」アプリ >「Face IDとパスコード」>パスコードを入力 >「APPLE WATCHでロック解除」のスライダーをタップ オン で有効にできます。

5.Apple Watchのロックがかかっている

Apple Watchのロックがかかっていると、Apple Watchでロック解除ができないようになっています。

文字盤の上部に鍵マークが表示されていたら、文字盤をタップしてパスコードを入力しましょう

6.おやすみモード、睡眠モードになっている

おやすみモード、睡眠モードになっていると、Apple Watchでロック解除ができないようになっています。

おやすみモード、睡眠モードの解除は、コントロールセンターから行いましょう。

まとめ

iOSアップデートしたのにマスクを着けたままiPhoneの顔認証ができないときに確認することは以下の通りです。

  1. Apple Watchを持っていない
  2. iOSのアップデートが不完全
  3. WatchOSをアップデートしていない
  4. Apple Watchでロック解除を有効にしていない
  5. Apple Watchのロックがかかっている
  6. おやすみモード、睡眠モードになっている
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる