スプレッドシートの空白セルを削除して左詰めする方法

空白のセルを削除して左詰にすれば、必要な情報を少ない行数で全てを見ることができますよね。

しかし、スプレッドシートには空白セルを全選択して削除する機能はありません。

データ量が少なければ手作業で削除してもいいかもしれませんが、データ量が多いとそうはいきませんよね。

そこで、スプレッドシート⇄Excelの相互変換が容易にできる特徴を活かして、Excelにあるジャンプ機能で空白セルを削除しスプレッドシートに戻すという作戦であれば実現が可能です。

難しく感じるかもしれませんが、慣れれば3分程度でできてしまいます!

手作業で削除するより圧倒的に早くて便利なので、そのやり方を実際の画面を用いて紹介します!

目次

スプレッドシートの空白セルを削除して左詰めする方法

1.スプレッドシートをExcelにする

まずはスプレッドシートをExcel形式でダウンロードします。

「ファイル」→「ダウンロード」→「Microsoft Excel(.xlsx)」をクリック

2.Excelの機能で空白セルを削除して左詰めにする

該当範囲を選択→「ctrl + G」押下→「セル選択」をクリック

空白セルにチェックを入れて「OK」をクリック

空白セルが選択できたら「ctrl + ー」押下→「左方向にシフト」にチェック→「OK」をクリック

空白のセルが削除されて左詰めにすることができました。保存しましょう。

3.Excelをスプレッドシートにする

先ほどのExcelをGoogleドライブに保存し開きます。

Excelをスプレッドシート形式に変換します。

「ファイル」→「Googleスプレッドシートとして保存」をクリック

これで、空白セルが削除され左詰めになったスプレッドシートの完成です!

まとめ

スプレッドシートの空白セルを削除して左詰めする方法のまとめです。

一度Excelに変換するのは面倒に思うかもしれませんが、データ量が多いシートほど手作業で行うよりはるかに効率的です。

  1. スプレッドシートをExcelにする
  2. Excelの機能で空白セルを削除して左詰めにする
  3. Excelをスプレッドシートにする
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる