【Apple Watch】LINEのQRコードログインのやり方

Apple WatchでLINEを使おうとすると「QRコードログイン」という画面が表示され、ログインを求められることがあります。

これはiPhoneのLINEがあれば1分程度でログイン後、メッセージの送信やトーク履歴の閲覧ができるようになります。

難しい操作は一切ありませんが、実際の画面を使って丁寧に解説していきます!

目次

Apple Watch版 LINEのQRコードログインのやり方

QRコードログインを行う際は、ログインしたいApple Watch本体iPhoneのLINEアプリが必要となります。用意ができたら、次の手順で行います。

STEP
iPhoneでLINEのホームを開き、「QRコード読み取りマーク」をタップ

QRコード読み取りマーク」 は、ホームの検索ボックス内の右側にある四角いマークです。

STEP
Apple Watchに表示される「QRコードログイン」をタップ
STEP
iPhoneで「Apple Watchに表示されるQRコード」を読み取る

Apple WatchでQRコードが表示できたらささっと読み取りましょう。

STEP
iPhoneで「ログイン」→「確認」をタップ

ログインできませんでした。と出てしまったら

ログインできない場合は、LINEの「ホーム」≫「設定歯車マーク)」≫「アカウント」≫「ログイン許可」をオンにしてから再度お試しください。

STEP
Apple WatchでLINEのトークが表示されたことを確認

QRコードログインの手順は以上となり、これでApple WatchでLINEが使えるようになります。

相手の名前が「unknown」と表示されているときは

トーク履歴を見ると、相手の名前が「unknown」と表示されることがあります。

しかし、「同期中」なのでしばらくすると表示されるようになります。

初めは気になるかもしれませんが、少し放っておきましょう。

LINEの返信を楽に!定型文をカスタマイズしよう!

Apple WatchからLINEの返信をするときに、返信定型文を使えるのがとても便利ですが、この定型文は自分でカスタマイズすることができるんです!

iPhoneを取り出さなくても自分らしい返信ができるので、お時間がある際に設定しておくとApple Watchをさらに使いこなすことができますよ✨

設定の仕方はこちら▼

Apple WatchでLINEの返信に使う定型文を編集する方法

おすすめ定型文はこちら▼

LINEのおすすめ返信定型文50個

まとめ

Apple WatchLINEのQRコードログインのやり方は以下の通りです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる